PM2.5とは?


12/13 11時44分現在


微小粒子状物質(PM2.5)とは、大気中に浮遊している2.5μm(1μmは1mmの千分の1)以下の小さな粒子のことで、従来から環境基準を定めて対策を進めてきた浮遊粒子状物質(SPM:10μm以下の粒子)よりも小さな粒子です。


PM2.5は非常に小さいため(髪の毛の太さの1/30程度)、肺の奥深くまで入りやすく、呼吸系への影響に加え、循環器系への影響が心配されています。


PM2.5についての解説へ戻る




問合せ先

千葉県環境生活部大気保全課

電話043-223-3857

Copyright © Chiba Prefectural Government. All rights reserved.